丹足普及協会 千照館

私たちは丹足法という癒しの相互整体法が広く社会で活用されることを願って活動しています。

 人は一人では生きていくことができません。丹足も一人ではできません。二人で息を合わせ、心を合わせて、心身の奥底に響く丹足を作り上げていきます。

 

独りよがりな生き方にはサヨナラしたい。仲間と共に未来を作っていきたい。宗教でもなく営利でもなく、これからの社会の為に自分の力を尽くしていきます。


千照館のご紹介

丹足の歴史

古くは江戸時代、葛飾北斎の漫画に足踏み整体法の記録が残されています。丹足はその流れを汲み、現代の身体理論を組み込んで生まれました。

講師陣

全国から患者さんが通う知る人ぞ知る「わごいち」。こちらの施術スタッフの先生方が、わごいち直伝の丹足法を直接指導で伝授くださいます。

賛助会

当協会は丹足法(たんそくほう)の普及を通じて社会貢献に繋がる公益活動をしており、活動を応援してくださる賛助会員を募集しています。


活動のご紹介


理事会


理事、監事、役員が集まり、毎月理事会を開催しています。当協会は「道場会」「普及会」「賛助会」など様々な活動が行われており、理事会で全体の活動のバランスを取りながら方向性を決めています。



道場会


正会員の皆さんが丹足稽古をする道場を「千照館(せんしょうかん)」といいます。千照館は正しい丹足を学ぶことができる活動の中心となる道場であり、丹足関連資格教育の場でもあります。



普及会


丹足に関連するイベントの企画運営を行ったり、広報活動等を行っています。有志で構成するお仕事隊の皆さんが協力し、丹足の良さや面白さを社会に伝えようと頑張っています。



賛助会


活動に賛助くださる方も大事な仲間です。寄付やイベント手伝いなどで活動を支えて下さる賛助会の皆さんは準会員さんとして、色々楽しいイベントで交流を深めます。(→賛助会ページ