道場の定例稽古

丹足稽古は「癒し、鍛える」の双方向体験の場

丹足稽古は二人で交互に行います。自分が踏み手の時は、相手の体がどうすればよくほぐれるかを考えながら、自分の体の使い方を研究します。おなかと内ももをしっかりと使って相手を踏むと、しっかりとほぐすことが出来ます。その後は交代して踏まれる側になります。踏んで疲れた体をほぐされながら、踏み手に踏まれ心地を伝えます。一方通行ではない、双方向の癒しと鍛えを交互に繰り返すのが丹足稽古の醍醐味です。

稽古で身につける「丹足力」

丹足が目指すのは「丹足力」、それは日本人が本来もっていた力。昔の薪割りやかまど炊きをしてい時代、日本人が当たり前にもっていた強靭な足腰を現代に取り戻す。丹足力はそんな挑戦なのです。ぶれない足腰、軸の通った姿勢、力のあるハラで強くしなやかに生きていきたい。おなかにある体の中心「丹田」をつかって、「丹足力」を高めていきましょう。


基本の踏み型

踏型一 外はぎ

太ももの外側の筋肉をほぐし、筋膜をリリースする技です。手ではほぐしきれない効果があります。

踏型二 内ほり

内ももは内転筋などのインナーマッスル、リンパの集まりリンパ節など、最重要なほぐしポイントです。

踏型三 背ずらし

肩こり、背中のハリならお任せ。足裏の広い接地面を活かして、優しく大きくほぐしていく技です。

踏型四 揉転

女性に多い下半身の冷え・むくみ。大きな太ももの筋肉も、ふくらはぎも、しっかりと踏みほぐしましょう。


稽古概要

稽古時間 90分/1回
会 場 千照館 本館
講 師 三宅 弘晃
井上 紙鳶
池田 参尽

稽古日時

 
第1   10:00 - 11:30
18:30 - 20:00
 
第2 15:30 - 17:00    
第3   10:00 - 11:30
18:30 - 20:00
15:30 - 17:00
第4 10:00 - 11:30    

千照館の稽古日は毎月7回。正会員の皆さんは、何回でも参加することが出来ます。


会 費

正会員

月会費 入会費
 5,000円

10,000円

正会員は、すべての定例稽古と丹足イベントに参加することができる。但し特別イベントで別途参加費が必要なこともあります。


遠方会員

月会費 入会費

 3,000円

10,000円

遠方から通う会員の為に、月に2回まで定例稽古に参加する資格を有する正会員(遠方会員)を定める。対象は関西2府4県以外の在住者で、当資格を希望する者とする。


海外会員

単発参加費 入会費
1回 3,000円 8,000円

日本国外在住者に限り適用される。準会員とし月会費ではなく、稽古参加ごとに3,000円を支払う。


段級試験

千照館道場では、年に2回「段級試験」を行っています。いわゆる「○級」「○段」をもらう試験です。参加は任意ですが、現時点での自分の力量を確認したり、丹足関連公認資格の実技認定を受けることができます。段級試験の詳細は、試験前に随時ご案内します。

ご入会お申し込み

メモ: * は入力必須項目です

千照館へのアクセス

〒541-0058

大阪市中央区南久宝寺町4丁目4-5 タケコウビル6F

TEL. 06-4708-5340 (ご連絡は極力メールでお願いします。)


大阪市営地下鉄  御堂筋線、中央線、四ツ橋線 「本町」駅  13番出口から徒歩約10分