丹足トレーナー養成講座

一緒に丹足を人々に伝えませんか

丹足法を習得し、インストラクターとしての指導する資格を得るための講座です。7ヶ月集中講座で身体への理解を深め、鍛え、伝えるスキルが身に付きます。丹足は生まれてまだ数年の新しい技術ですので、習得者の数は限られています。あなたがパイオニアとして丹足を世に伝え、私たちと一緒に社会の健康増進に貢献していきましょう。

こんな方におすすめ

強くしなやかな体になりたい

丹足トレーナーは、技術練習とともに自分自身の体を鍛え作り上げます。未来の生徒さんたちが、「こんな先生になりたい」と憧れる体と技をしっかりと身に着けておくことで、自信を持って指導することができるはずです。はじめの3ヶ月間の基礎科はこの自己鍛錬の絶好の機会。先生になるという大きな目標がきっとあなたの努力を後押ししてくれることでしょう。

アスリートのセカンドキャリアに

スポーツが好きで好きで仕方がないあなた。体を鍛えたり、整えたりすることに興味が尽きないあなた。丹足はおなかとインナーマッスルによって成り立つ運動です。その真髄は決して簡単とは言えるものではなく、年単位で取り組む必要があります。しかしだからこそ、そんな丹足だからこそ、あなたのこれまでのアスリートとしての経験が生きるフィールドなのです。

インストラクターとして仕事の幅を広げる

体のメンテナンス系のお仕事は沢山あります。代表的なものではマッサージや、ヨガ、ピラティスなどがありますね。しかしどのお仕事も初期投資に見合うだけの仕事を確保するのが難しいと聞きます。なぜなら競合が多いからです。丹足はこれからの資格。あなたがこれから活躍するチャンスは無限に広がっているといえるでしょう。

自分の人生をワクワクさせたい

決まったレールを歩く。人と同じ道を歩く。人から目立たないように生きる。無難に安全に暮らす。そんな人生のまま終わってもいいのか。挑戦できない言い訳をならべ、チャンスやチャレンジを放棄して生きていくのか。せっかく生まれてきたんだから、自分もワクワクして生きたい。心のそこから笑って、人と支えあって、社会に少しで貢献したい。そういう人の為のステージです。


丹足トレーナーのミッション

 丹足のルーツは、子供がおばあちゃんの背中にのって踏み踏みほぐしていた、あの足踏みマッサージです。日本では「足力(そくりき)」と呼んだりしていたそうです。

 この足力マッサージをプロの技に高め、日本各地から患者さんを集め魅了して離さない、そんな確かな技術体系に作り上げたのが「わごいちの丹足」です。わごいちではこの丹足を開業以来、門外不出の技術として大事に守ってきました。

 しかし本来、足踏みマッサージは誰にでもできるはず。決して難しいだけではなく、親しみやすいマッサージ法であるはず。そのような考えにより、2017年、丹足を世に帰すための団体として「一般社団法人丹足普及協会・千照館」が設立されました。以後会員さんたちと一丸となって丹足稽古に励み、また普及に取り組んでいます。

 丹足は、いわば素人の足踏みマッサージが、わごいちによってプロの技にブラッシュアップされ、今一度社会に帰っていこうというものです。そしてその役割を担う主役が、「丹足トレーナー」となります。

 技術の確かさと実績は、折り紙つき。誰にでも始められて、何年取り組んでも飽きない面白さがあります。これから丹足はどんどんと社会に広まっていきます。その先駆けとして、道を切り開く使命を帯びて、やりがいを感じるのは始まったばかりの「今」です。

 誰でもおいでとは言いません。このメッセージに感じるところがある人に、丹足を広げる役割を担ってもらいたいと思います。


講座内容


基礎科

協会の道場稽古に参加し、正しい丹足の動きを習得するための基礎体力を養います。また丹足の型も習得します。

期間 平成30年10月~12月(3ヶ月)
実技 90分×7回×3ヶ月

本 科

基礎科に続き道場稽古に参加し、さらに丹足トレーナーとしてワークショップ等を行う上で必要な技術・知識を学びます。

期間 平成31年1月~4月(4ヶ月)
実技A 90分×7回×4ヶ月
実技B 90分×2回
研修 90分×4回 レポート提出
理論 60分×4回

認定試験

基礎科・本科全ての講座カリキュラムを達成した生徒に対して実技試験と筆記試験を行います。

試験日 平成31年5月
合格者 オリエンテーション
丹足トレーナー登録

募集要項

受講資格者 丹足指導を通して丹足普及に貢献したいと考える、心身壮健な人
募集人数  5~10名
受講料 11万円(教材等込・税込)

トレーナー養成講座 お申し込み

メモ: * は入力必須項目です