· 

揉道20.ハラの大事

 

思えばわずか17年ほどの間に、いろいろな挑戦をしてきたなと思う。29歳で独立開業して整体院経営だけでは飽き足らず、整体塾、整体道場、そして一般社団法人の立ち上げ、本を出し、講演会で全国を周り、徒弟という古めかしい制度を引っ張り出しても来た。なぜ整体院の成功だけで満足しなかったのか。できなかったのか。整体院のチェーン展開という方向性ではなく、整体院外の挑戦へと駆り立てられてきたのか。なぜ経済的成功に関心を持たず、常に飢えるように突っ走ってきたのか。

 

私は何に飢えていのか。何を求めているのか。私はずっと模索してきたように思う。初めから自分の中に「これだ」という目的があったわけではない。祖母の死はきっかけであって、整体そのものが目的であったことはおそらく一度もなかったであろう。丹足普及が究極の目的であるとは思わない。わごいちを永遠に残そうとは思わない。これまで汗をながし悩み作り上げてきた全ては、私にとってゴールではないことは確かだ。

 

最近人に嫌われることが怖くはなくなった。これまでも周りの人に厳しいことを言ってきて、かなりの人が私のもとから去っていった。残念に思いこそすれ悔いはない。私にとって人気を集めるということは、金を集めるということと同じくらいにしか魅力を感じない。集まりたい人、集まりたいお金が勝手に集まってくるであろうし、集まってこなければ孤独に貧乏に暮らすことに何の苦痛もない。こんなことを言っては、理事長失格だろうか。

 

翻って今の世情を見るにつけ、ほとんどの人は、人気と金に縛られて暮らしているように私には映る。常に人気と金を少しでも集めようと、貯めようと、貯めておかないと不安で仕方がないように映る。これは非常に寂しい生き方だと思わずにはいられない。なぜなら人気も金も天下の回り物で、いわば水や空気のようにつかもうとしてもつかめるものではなく、貯めておこうとしてもいつまでも変わらずとどまっているようなものではないからだ。

 

私はそういう人生を歩むことはできない。人気や金という泡沫に自分の人生を左右させまいと心する。出版や、講演会や、ブログや経営など、人気を集めることが前提ともされそうな活動をさんざんにやってきて、その中でいつも疑問と探求心のはざまで悩んできて、今ようやくにして思うのは、人間にとって真に信じ頼るに足るものは「ハラ」しかないということだ。頭が求める人気や金は幻想として人を惑わせるが、欲と矛盾を抱えたハラは人間性の源であり、そのものであるがゆえに、ハラを見据えていれば自分を見失うことは決してない。

 

私は私のハラのままに生きんと希求する。目の前の損得や功罪よりも、ハラからの直感的な欲求に沿って人生を歩もうとしてきた。時々の私の小賢しい頭がいうもっともらしい理屈をできるだけ排除しようと生きてきた。なぜそういう生き方を模索するようになったかと言えば、それはハラ揉みをしてきたからだと思う。何千という人のハラを揉みながら対話を重ね、今ある症状とその人の生き方を照らし合わせて考察するうちに、ハラを無視して頭でっかちに生きる人ほど病んでいるということに気が付いたのだ。

 

人はハラから生きている時にはそう簡単に病まない。ハラを無視して頭でっかちに生きているときに病を得る。人生を誤る。このハラ揉みという仕事を初めて、少しずつ私はハラを学び、ハラのことを理解し始め、この心身に染みこんできている。わごいちも千照館も講演会も本も、全てはこの学びの為にあり、この学びを活かすための活動であったのだろう。

 

私は今の私に感謝する。それは私自身の境遇にという意味ではなく、今の時代に「ハラの大事」を世の人たちに語り掛ける役割を与えられたことに心より深く感謝する。そして今はどこまで深くハラを感じ取れるか、どのようにそれを皆に伝えられるか、最後まで納得のいくところまでこの役割を全うできるか、それだけが私の関心事になっている。長らく過去の総括をしてきたお陰で、これからの道がはっきりと見えてきたように思う。本当にありがたいと思う。

 

さて、そろそろこの過去からの模索も幕とし、自分の役割を果たすための人生に没頭します。

 

次回で揉道連載は最終回です。

 

 

 

丹足創始者

三宅弘晃

 

 

 

 

 

←前の記事 <揉道19 苦手な後援会活動>