ひとり運動放談 後半

ワッショイ!

 

お祭り大好き丹足トレーナーたーさんです

昨日いろいろ書きましたが、改めて断っておきます

 

僕は丹足を習い初めて一年半のひよっこトレーナーです

 

書いていることは、今、僕が感じていることを好きに書いていることです

 

よろしくお願いします

 

 

それではいきますか!

 

 

 

僕たち丹足普及協会・千照館の会員は月7回の稽古に参加できます

 

普段の稽古をしてくれるのは、紙鳶先生

 

みんなの憧れ美しい丹足指導員です

 

昨日、師範稽古のことを書いていて、普段の稽古はなんなやろうと考えが浮かんできました

 

僕が思うのは、紙鳶先生は人の調律師なんじゃないかと思っています

 

稽古の参加して終わる頃には体も心もほぐれています

 

もちろん踏んで踏まれて丹足のお陰でもあります

 

 

 

「たーさんはここが解れたらいいですね」

 

「○○さんは得意の反り腰が、、、」

 

「○○さんは今はまず上下しましょう」

 

 

それぞれに的確にアドバイスしてくれ調整してくれ導いてくれます

 

 

いつもぞれぞれに真剣に向き合い、優しく指導してくれます

 

 

本当に感謝申し上げます

 

 

 

今年11月から、東大阪HOS小坂カルチャーで丹足マッサージ教室を、担当させていただいてます

 

もう全然あんな風にできません(涙)

 

丹足と同じで思い遣りが足りないやなと思い知ります

 

僕も今年最後のHOSが残っていますので、生徒さんに楽しんでもらえるように工夫したいと思います

 

 

 

 

そして思ったのが、師範稽古は秘薬です!

 

皆さん劇薬ですから気をつけてください(笑)

 

その後に魔法でも掛けられているんやと思います

 

余韻と効果が半端ない!!!

 

いつも師範稽古の後に変化します

 

 

自分でもがいても、もがいても、お釈迦様の手のひらの上の孫悟空状態 (笑)

 

 

「もがく」 手足を動かして、もだえ苦しむ (笑)

 

まさしく僕ですね

 

手と足あるから使いたくなるやん!

 

いやいやおなかやおなか

 

 

 

ワッショイ!